未来型医療創造卓越大学院プログラム

東北大学「未来型医療創造卓越大学院プログラム」
2020年度10月期
プログラム候補生選抜試験(Qualifying Examination 0: QE0)
学生募集要項

卓越大学院
プログラムとは

 「卓越大学院プログラム(WISE Program : Doctoral Program for World-leading Innovative & Smart Education )」は、各大学が自身の強みを核に、これまでの大学院改革の成果を生かし、国内外の大学・研究機関・民間企業等と組織的な連携を行いつつ、世界最高水準の教育力・研究力を結集した5年一貫の博士課程学位プログラムを構築することで、あらゆるセクターを牽引する卓越した博士人材を育成するとともに、人材育成・交流及び新たな共同研究の創出が持続的に展開される卓越した拠点を形成する取組を推進する事業です。

(日本学術振興会HPより)

未来型医療創造卓越大学院
プログラムについて

 「未来型医療創造卓越大学院プログラム(FMHC : Future Medicine and Health Care program)」は、データ(Data)技術(Technology)を駆使して未来の社会(Society)の課題解決に寄与する人材を育成します。文理共学、産官学連携、国際連携をつうじて、世界に先んじて超高齢社会となりつつある東北地方で未来型の技術や個別化医療を開発し、未来型医療として世界へ展開することを目標とします。

以下の3つのコースを設置します。

1 Data Scienceコース:データに基づいた未来社会の福祉・医療の高度化。高齢者の慢性疾患に対する先鋭的な予防・診断・治療法の開発など

2 Technologyコース:医療と福祉のイノベーションを目指した、新しい技術の開発と実用化。全人的に日常の生活から介護までをサポートするツールの開発など

3 Societyコース:実践に根ざした医療・保健・介護の政策の立案および実施。高齢者の医療・福祉の充実を社会の成長と調和させる社会システムの構築など。

 それぞれのコースは独立したものではなく、異なるコースの学生および教員が融合し学際的な教育を行うことによって超高齢社会の連鎖的な課題の解決を目指します。
 本プログラムでは、まずQualifying Examination 0 (QE0)でプログラム候補生を選抜し、半年間プログラム授業履修及びバックキャスト研修受講の後、Qualifying Examination 1 (QE1)でプログラム正規生を選抜します。プログラム正規生はいずれかのコースに所属し、博士の学位取得を目指します。
 所属する研究科の修了要件に加えて、本プログラムを修了することで、特別なCertificateが付与され、博士の学位記の本文にプログラムを修了したことが明記されます。
 本プログラムを修了するには、通常の課程科目以外に、プログラム科目を履修する必要があるため、少し負担に感じるかもしれません。しかし、本プログラムでは、皆さんが将来、未来型医療のエキスパートとして一線で活躍するための知識やスキルを学ぶ、かけがえのない機会を提供します。さらに、専門領域を超えた学生同士や、未来医療の現場で活躍する企業人や研究者との知のネットワークは、皆さんの大きな財産となるはずです。皆さんのチャレンジをお待ちしています。

1. 出願期間

2020年8月17日(月)~8月25日(火)

窓口受付時間:9時~16時 (土・日を除く。)

2. 出願方法

[窓口提出]
未来型医療創造卓越大学院プログラム推進室(星陵地区・医学部1号館2階)

[郵送または学内便]
出願期間内必着(8月25日(火)必着)
封筒に「未来医療創造卓越大学院プログラム出願書類在中」と朱書きし送付してください。

送付先:未来型医療創造卓越大学院プログラム推進室(学内便番号:星A8)
    〒980-8575 仙台市青葉区星陵町2-1 東北大学医学部・医学系研究科

3. 募集人員 および 出願資格

募集人数:若干人

 本プログラムに出願できる者は、プログラムの趣旨を十分に理解し、学位取得に向けて意欲のある者で、受入れ予定教員(指導教員)または所属予定の研究科・専攻等の長から強い推薦があり、次のいずれかに該当するものとします。

(1)2020年10月に、本プログラムに参画する研究科・専攻の修士課程の1年次または博士課程前期2年の課程の1年次に入学する者※
(2)2020年10月に、本プログラムに参画する研究科・専攻の医・歯・薬学の履修課程の1年次に入学する者※
※研究科の大学院入試の合否が本プログラムの出願締切後に発表される者も出願は可能です。ただし、研究科の大学院入試に不合格の場合は、出願資格を失います。
(3)2020年4月に、本プログラムに参画する研究科・専攻の修士課程の1年次または博士課程前期2年の課程の1年次に入学した者
(4)2020年4月に、本プログラムに参画する研究科・専攻の医・歯・薬学の履修課程の1年次に入学した者

【本プログラムに参画している研究科(専攻)】
  1. 文学研究科(日本学専攻,広域文化学専攻,総合人間学専攻)
  2. 教育学研究科(総合教育科学専攻)
  3. 経済学研究科(経済経営学専攻)
  4. 医学系研究科(医科学専攻・障害科学専攻・保健学専攻・公衆衛生学専攻)
  5. 歯学研究科(歯科学専攻)
  6. 薬学研究科(医療薬学専攻・分子薬科学専攻・生命薬科学専攻)
  7. 情報科学研究科(応用情報科学専攻・情報基礎科学専攻・人間社会情報科学専攻)
  8. 生命科学研究科(脳生命統御科学専攻・生態発生適応科学専攻・分子化学生物学専攻)
  9. 医工学研究科(医工学専攻)
《出願上の注意》
  • 本プログラムは、修士課程または博士課程前期2年の課程(以下「前期課程」という。)から後期3年の課程、または医・歯・薬学の履修課程(以下「後期課程等」という。)につながる一貫教育プログラムです。後期課程等への進学を希望しない者は、本プログラムに出願することはできません。
  • 前期課程への入学を経ずに医・歯・薬学の履修課程へ入学する者については、5年間のプログラムの内容を、標準修業年限で修了することができると見込まれる場合に出願できるものとします。
    (*長期履修制度の利用は可能ですが、所属する研究科において別途手続きが必要です。)
  • 本プログラムの他に、複数の学位プログラムへ重複して応募することも可能です。ただし複数のプログラムに合格し、重複履修を希望する場合は、その可否について、個別に検討するものとします。

4. 出願書類

次の出願書類一式を揃え、受付期間内に出願してください。

(1)履修願書(Form A) ※写真を貼付すること
(2)出願理由書(Form B)
(3)受入れ予定教員・指導教員等による推薦書【厳封】(Form C)
(4)出身大学(学部)の成績証明書

出願資格の(3)または(4)に該当する者は、併せて以下の書類を提出してください。

(5)2020年4月期QEOに出願しなかった理由書(Form D)
(6)大学院入学後の履修・研究内容等報告書(Form E)

Form A~Form E(Wordファイル)のダウンロードはこちら

希望者は、英語能力試験(*TOEFL、TOEIC、IELTSTM 等)、日本語能力試験等のテストスコアの写しや、語学力を証明できるものを提出することができます。評価の参考として使用する場合がありますが、減点の対象にはしません。また、提出しない場合でも、減点の対象とはなりません。
不備のある出願書類は受理しません。
受入れ予定教員が未定の場合の推薦書は、研究科長または専攻長等の推薦書とします。
出願書類は、一切返却しません。
出願に当たっては、未来型医療創造卓越大学院WEBサイトの「募集案内」に書かれている 内容(Q&A、出願されるみなさまへ)をよく読んで、確認してください。
TOEFL、TOEFL iBT、TOEFL ITP及びTOEICはエデュケーショナルテスティング サービス(ETS)の登録商標です。

5. 選抜方法

出願書類の審査及び面接試験により選抜します。
出願書類による第1次選抜を行うことがあります。この場合、第1次選抜合格者に対して、試験を行います。

面接試験:2020年9月1日(火)
試験会場:医学部6号館(星陵地区)またはオンライン

試験の詳細は、メール等で出願者へ個別に連絡します。

6. 合格発表

2020年9月18日(金)

合格者の発表は、メール等により通知します。

7. 合格者ガイダンス・授業開始日

合格者ガイダンス・プログラム授業開始日:10月上旬 星陵キャンパス
※詳細は、合格通知とともにお知らせします。

8. 経済的サポート

 国内外の優秀な学生を獲得し、高度な「知のプロフェッショナル」、すなわち、俯瞰力および独創力並びに高度な専門性を備え、大学や研究機関、民間企業、公的機関等のそれぞれのセクターを牽引する卓越した博士人材を養成するため、本プログラムに選抜された優秀な大学院生への経済的サポートを行います。
 支給金額等については、学内規定等に基づき決定します。他の経済的支援を受けている場合は、事前に相談してください。

9. 修了要件

 本プログラムの修了には、プログラム正規生選抜試験(QE1)を経てプログラム正規生となった後、所属する研究科の修了要件に加えて、プログラムが別途定める修了要件を満たす必要があります。

10. その他

(1)本プログラムに選抜された学生は、原則として日本学術振興会特別研究員(DC)へ申請することとします。
(2)本プログラムに選抜された学生は、広報活動のための写真や動画、氏名や所属などを本プログラムや東北大学の広報誌、ホームページ等のWebサイトに掲載されることがあります。

2020年7月

東北大学未来型医療創造
卓越大学院プログラム推進室

〒980-8575 仙台市青葉区星陵町2-1
(東北大学医学部
1号館2階)
Phone:022-717-8031
  Email:mirai-takuetsu
@grp.tohoku.ac.jp

▲Page Top